圧迫感がなく移動させるときも楽

部屋に十分なスペースがないと大型家具を置くのが大変ですし、置けたとしても圧迫感が生まれてしまいます。スペースに余裕がないけどソファーを置きたいという場合は、ローソファーを使用するのがおすすめです。背の低いソファーなので圧迫感がなく、また死角が減るので部屋全体を見渡せるようになります。それによりお子さんやペットの行動を瞬時に確認できるため、危険行為を避けるためにも好都合です。ローソファーは通常のソファーよりも重量が軽く、移動させるときも楽です。ちょっと配置場所を変えたいときなど、女性ひとりでもある程度動かせます。

生活シーンに合わせて選ぼう

ローソファーにはいくつかのタイプがあり、家族の人数、配置する場所などによって使い分けていくのがおすすめです。一般的なタイプはカウチタイプで、座り心地やリラックス性などを求める人に適しています。コーナータイプは大家族の家庭でよく活用されていますが、設置するには広めのスペースが必要です。ほかにもコタツと併用できるタイプもあり、勉強をしたり仮眠を取ったりするときに重宝します。

ローソファーを選ぶときは写真で比較をするのはもちろん、実際に家具店に行って実物を見たり、座り心地をチェックしたりするのがおすすめです。例えばローソファーの上で横になることが多いのであれば、素材はある程度やわらかいほうがいいでしょう。和室に置くのであれば、座布団に近い座り心地のタイプが人気です。ローソファーは使用シーンに合わせて、使い勝手のいいものを選んでください。

自宅での時間をゆったりと過ごしたいという人たちからローソファーが人気を集めています。それは座面が低いソファーは足を伸ばしやすく、座り心地が良いからです。