お見合いまでいかない時は条件の幅を広げてみる

結婚相談所に入会したものの、なかなかお見合いまでいかない人は、実は理想が高いのかもしれません。自分では理想は高くないと思っていても、案外色々と細かい注文をつけている可能性があります。結婚相談所は年齢や職業、年収、身長など自分が希望する条件を元に相手を探せるというメリットがありますが、何でもかんでも条件に合わなければお相手候補にはならないという考え方はやめた方が賢明です。結局、お見合いをしなければ相手と出会う事すら出来ません。お見合いをしてくれる相手が見つからないなら、少し条件の幅を広げる勇気も必要です。年齢を少し上げる、年収を少し下げてみるだけでも、お相手候補が一気に増える可能性があります。

相手の欠点ばかりを探さない

結婚相談所のお相手紹介は、自分で自由にパソコンで検索できる所もあれば、仲人が希望条件を元に探してくれる所もあります。またお見合いは自分から気に入った相手に申し込むパターンもあれば、プロフィールを見た相手から申し込まれるパターンもあります。注意が必要なのが、仲人からの紹介や相手からお見合いを申し込まれた時で、条件は全て揃った相手だが見た目が好みではない、身長がちょっと低いなどの理由で簡単にお断りを入れては、チャンスもどんどん無くなっていきます。

婚活で成功するポイントは、相手のあらさがしをするのではなく、魅力的な部分に注目していくことで、まずは相手と向き合って話をしていくことが大切です。もしかするとプロフィールではあまり魅力が伝わらなかった相手でも、実際に対面して会話をしてみると、予想以上に自分に合う相手だと思えるかもしれません。

結婚相談所は多くありますが、インターネットを使って口コミ等の情報を探すことにより、満足のいくサービスを受けることができる可能性が高くなります。