勤務先までの距離や住環境に注目して物件選びをしよう

単身赴任が決まった場合には、なるべく早く現地で新生活が始められるよう、各地で高く評価されている不動産会社を頼りにして物件選びを始めるのがポイントです。大手や地域に密着した不動産会社の中には、単身赴任者にとって安心して住める物件をネット上で紹介したり、電話やメールで担当のスタッフが相談委に乗ったりしているところも珍しくありません。また、都合が良い日時にマンションやアパートの見学を受け付けているところもあるため、ためらわずにニーズに合う会社に連絡を取ることが大切です。なお、勤務先までの距離や住環境にこだわって物件選びをする際は、エリアによって毎月の賃料や敷金、仲介手数料などが高くなるケースもあるため、じっくりと予算に合った物件について調べることが重要です。

単身赴任者へのサポートが手厚い引っ越し業者を探そう

単身赴任に向けて新居へ引っ越しをするにあたっては、早い段階から顧客へのサポートが手厚い業者をピックアップしておくことが大切です。業界大手の引っ越し業者の中には、単身赴任者をターゲットとしたリーズナブルな引っ越しのプランを扱っているところが少なくありません。そのため、できるだけ引っ越しの費用を安く済ませたい人は、荷造りや搬送など最小限のサービスを依頼できる業者にお世話になるのがおすすめです。また、業者によって得意としているプランの種類や作業員のサービスの質などにバラつきが見られることから、理想的な業者を見つけるうえで、積極的に複数の業者の資料を読み通したり、リピーターのレビューをチェックしたりすると良いでしょう。

単身赴任の引越しになるべく手間をかけたくない!という方の単身赴任の家具は、レンタル家具やレンタル家電のものが多いです。