出費を低く抑えることができる

結婚式は夫婦が新しい暮らしを始めることに対するお祝いなので豪華な内容にしたいと思うものです。しかし、夫婦の暮らしは結婚式を挙げた後からが本番です。何かと出費が嵩むことから、近年ではお金をかけない小規模な結婚式を選択するケースが増えています。価値観の多様化によって冠婚葬祭の簡略化が進んだことも小規模な結婚式が増えた理由の一つになります。規模が小さいので選択できる式場が多く、短時間で済ませることも可能です。式のプランによってはケーキカットなどの工程を省略することもあるので、更に出費を抑えることができます。その一方で、省略しすぎると華やかさに欠ける、寂しい結婚式になってしまう恐れもあるので予算と式の内容のバランスを取ることが重要になります。

スケジュールの調整が容易なのもメリットのひとつ

小規模な結婚式のメリットはスケジュール調整が容易なことも挙げられます。小規模な結婚式は短時間で終わることが多いので、他の結婚式が行われた後のすき間時間に組み込みやすいのが主な理由です。そのため、平均的な規模の結婚式と比べてスケジュールの変更がしやすい傾向があります。ただし、式場の運営会社によってはスケジュールの変更に関して一定の制限を設けている所もあり、すべての式場でスケジュール変更ができるわけでは無いので注意しなければいけません。新郎新婦をはじめとする参加者全員が満足できる結婚式にするには式場の利用規約をよく確認する他、後になってからの変更が生じないようにスケジュール調整を念入りに行うことが肝心です。

少人数結婚式では、大規模に行う場合に比べて「本当に新郎新婦に近しい」人たちだけを呼べるので、低額で行えるにも関わらず、よりしっかりとこれまでや今後について感謝を示したり交流しやすくなります。