まずはサイズを決める!

オーダー家具を注文する際には、まずサイズを伝えることが大事。家の間取りに合わせて、すき間の出来ない家具を作りたい、あるいはすき間を有効活用したいなど、家具のサイズこそが重要になるケースが多いからです。注文する際にしっかりとサイズを伝えれば、すき間の幅や高さ、あるいは接触する壁や床面との相性、さらには隣り合わせになる家具との奥行きやカラーなど、きめ細かな部分まで配慮された、ピッタリサイズの家具を実現できます。例えば、食器棚ひとつを作製する場合であっても、電子レンジや米びつなど、周囲に配置するものを計算して設計します。

次にデザインを決める!

次に重要なのがデザインです。お部屋の内装や雰囲気にマッチした家具が欲しい、お気に入りのインテリアとおそろいの家具にしたい、または自分のこだわりを表現した、豪華な家具が一点だけ欲しいなど、注文時にデザインを詳細に伝えるのが大切。できるならば、イメージする画像や商品等を予め見せておくことで、その後の打ち合わせもスムーズになります。

最後は機能や素材を決める!

最後は家具に必要な機能や、求めたい素材を決めます。例えば、狭いお部屋のスペースを有効活用するために、使わない時に折りたためる家具や、収納機能に優れたベッド、あるいはコンセントやコードを内蔵できる家具など、注文する前には自分が必要とする家具の機能性を、十分に把握しておきましょう。また、小さい子どもやアレルギー体質の方がいる家庭の場合には、アレルギーを引き起こさない素材や塗料を使うように、注文する際に伝えておくことも重要なポイントになります。

和モダンのテイストの注文住宅は、大手の住宅メーカーや工務店など様々な場所で購入でき、中でも木材の種類や外観、インテリアなどにこだわりがある住宅に人気があります。